こうしてホームページは表示されている!

ホームページはHTMLで作られています

ホームページやブログなどは、スマートフォンだけでなくパソコンなどで情報を調べたいときに便利な存在です。デザインも様々ですが、スマートフォンの画面に表示される仕組みはどのホームページもほとんど同じです。
ホームページのデータは、基本的にHTML形式と呼ばれるプログラムで作られています。ブログなど、書き込み等ができるホームページで主に用いているのはcgi方式です。HTMLには、ホームページに表示したい文章や文字の大きさに関する情報が含まれています。さらに文字の色や大きさなど細いデザインを施す場合は、スタイルシートと呼ばれるファイルが必要です。スマートフォンやパソコンのブラウザと呼ばれるソフトを使ってHTMLやスタイルシートの情報を表示すると、ホームページとして閲覧できます。

ホームページはサーバーにあります

ホームページのデータが入っているのは、各自のパソコンやスマートフォンではありません。インターネット上にあるサーバーと呼ばれる場所に保存されています。サーバー自体は国内外のサーバーを管理している会社が保有するパソコンなどに入っており、利用に応じて必要な容量を借りるのが一般的です。
ホームページを閲覧するときは、スマートフォンなどでブラウザを通じて、世界各国のサーバーにアクセスします。サーバーへ一度にアクセスできるパソコンやスマートフォンの数には、限度があるので注意が必要です。同時のアクセスが一定数を超えると、サーバーダウンとなりホームページの閲覧が困難になります。アクセスが多いことが予想されているホームページやサーバーでは、複数のサーバーを利用するなど対策を立てておくのがおすすめです。